※『丸暗記厳禁!ENGLISH』は、アメリカで何年か生活したり、アメリカ映画に少し出た事があったり、NHKの英語ニュースのリポートなども担当もしていた事もある秘書が、英語を学びたい天野編集長のお相手をするコーナーです。(監修にはイギリス系ネイティブのMr.Y氏にお世話になっています。)

秘書:今度はVの音にチャレンジしてみましょう。口の形は同じようにしたまま、音を振動させてvの音を出してみて
ください。Fと同じで歯をした唇の真ん中ぐらいにおいて、 これを震わせながら息を吐く。ヴヴヴヴヴーーー!


天野:ヴヴヴー!(練習)


秘書:その唇に振動させる音だけが、vの音なんです。 


3

(引用元)『英語の正しい発音の仕方(基礎編)』 著者:岩村圭南 出版社:研究社


天野:(Vの練習)



秘書:あ、それに近いですね!ネイティブのお手本を見てみましょう。  

 

天野:それを振動させない時がF?



秘書:それを振動させないのがFで、振動させるのがV



天野:難しいなあw



秘書:では、単語を練習しましょう。まだ、FとVの所以外の発音記号は見よう見まねでOKです。順番にやっていけば、一ヶ月くらいで英語の全ての音が変わりますから、今はとにかく[F]と[V]だけに注目してみましょう。


天野:じゃあ単語例を。vase!



秘書:これは良い感じです。


練習の様子
 


秘書:最初に息をふぁって意図的に大げさにやると、最初は分かり易いと思いま
す。


天野:F★CK!



秘書:(笑)それ上手いです!



天野:(笑)映画で言ってるもん。F★CKER!って。



秘書:映画には、本当にフ●ックって単語がよく登場するもんですよね。



天野:そういえば、ラッフルズホテルが通用しなくてイライラしたことある。



秘書:RAFFLES! 真ん中に、Fの音が混じってきますね。



天野:そうそう、Fがわかんないからラッフルズっていったら絶対通用しないん
だよ。RAFFLES!


秘書:でも、今のは違う音に聞こえます。



天野:Rも入ってるしなー。



秘書:とはいえ、今までに教えてきた人の中では、かなり呑み込みが早い方です
よ。


天野:物まねだよ物まね。マザーフ●ッカーていう、そういう英語の悪い部分を
ww 英語って楽しいな!



天野人語とは!?



天野編集長に質問してみたい方はこちらから!



□天野人語 関連SNS(ページ更新情報が配信されます) 
天野ひろゆきTwitter @1ribottiamano 
Facebook ファンページ  
Youtube公式ページ


《編集チーム》 
★企画・プロデュース 
渡辺龍太【編集長の秘書】 
池澤亮太【デスク】 

★金融関連監修 
渡部崇文(公認会計士)【わたび~先生】
紺野美里(FP)【ミータス】 

★英語記事監修 

・Mr.Y(英語ネイティブ)