2014年07月

【結婚のウラ話】結婚へのアタックは、こんな感じだった!

<TOPIC “結婚に踏み切るコツ”>秘書:奥さんには、自分で積極的に結婚のアタックをしたんですか?天野:そんな感じでもないんだよなー。メシ食って、またどこか行こうかみたいな。凄く猛烈にアタックしたって感覚もないと思う。その自然な感じがよかったのかもね、今思え 続きを読む

【結婚裏話】女子アナ狙いは大きな誤解!

秘書:奥様と会った時の第一印象はどうでした?天野:第一印象? うーん、なんかその。そうねー。いや、付き合うとか、そんな予感も何にもなかったから。秘書:そうだったんですか。意外でした。天野:いやー、いい人だなとは思ったよ。明るくて、ハキハキしてて。秘書:天 続きを読む

【投資家アマノッチが、ついに起業!?】欽ちゃんは、ピンマイクを発明!

天野:内藤さんの起業に役立つ情報の入れ方としては、ニュースとかもあると思うんですけど、どういうものがありますか?内藤:やっぱり、身近なニーズです。最近、いい商売だなと思うのが「陣痛タクシー」ってあるじゃないですか。天野:ああ、特別なタクシーね内藤:あれっ 続きを読む

【投資家アマノッチが、ついに起業!?】天野っちが、もし起業するなら

<もし天野さんが起業をするなら、どんなビジネス?>秘書:続いてなんですけど、もし天野さんが起業をするとしたらどういう感じで進めるのがベストなのかをシュミレーションしていただきたいなと•••。天野:俺が会社を起こす?内藤:それで僕がアドバイスを? 基本的に 続きを読む

【投資家アマノッチ、ついに起業!?】起業にアイデアになんか価値は無い!!!

秘書:さて、次なんですけど、内藤さんは自社のグループで次々と社長を生み出していらっしゃいます。そこには独特のスキームがあって、そういう仕組みを使えば日本に起業文化が生まれるんじゃないかとお考えで、その仕組みと考えもお話しいただけたら・・・天野:これたとえ 続きを読む

【投資家アマノッチ、ついに起業!?】優秀な人は大企業で雇われたいだけだから、起業は優秀なライバルが少なくて難しくない!?

〈以前の対談はこちら〉秘書:さて、起業にどんどんのめり込んでいったと。その辺の話もできれば・・・内藤:起業にのめり込んだのは「これをやりたい」ということが好きにできて、且つ人も喜んでくれて。お金を儲けること自体は、そんなに大金持ちってわけではないですけど 続きを読む

【投資家アマノッチが、ついに起業!?】若手時代、お笑いライブのチケットを手売りするくらいなら、ライブ自体をやりたくなかった

〈チケット販売から始まった起業〉秘書:では、次に、投資より起業のほうがおもしろいというお話をしていただけたら・・・天野:やっぱりリスク回避のところがなかなかすごいなと思いますね。内藤:そうですね。僕らは生きること、死ぬこと、生活できないことがリスクで・・ 続きを読む

【投資家アマノッチが、ついに起業!?】え???倒産しても、1時間の我慢でOK!?

<内藤社長が起業を始めた経緯>※前回の対談はこちら秘書:では、それで内藤社長にどうして今までやられたことを含めて、なぜ起業文化を広めたいのか、そして著書「世界で一番起業家とベンチャー企業を創出する。」の冒頭に天職とも書かれていたのですがそういうのを語って 続きを読む

【投資家アマノッチ、ついに起業!?】200社のベンチャー企業を育てる内藤真一郎社長と起業を語る

<先進国では一番下!日本の起業文化>秘書:今回、天野さんと対談していただく内藤社長は、日本に企業をする文化を広めたいと思っていて、最近、起業に関する本も出版されたばかりです。※内藤真一郎社長のプロフィールは、このページの下にまとめてあります。天野:起業す 続きを読む

【お悩み相談】子供の頃は大丈夫だったのに虫が苦手です。でも、食料危機とかで虫を食べる時代も来そうですよね。天野さん、どうしたら虫嫌いを克服できますか?

【質問】子供の頃は大丈夫だったのに、いつの間にか触ることすらできないほど、虫が苦手になってしまいました。死にかけで裏返ったセミが突然動き出す、セミ爆弾が破裂した時などは、腰が抜けそうなくらい怖いと感じます。聞いた話によれば、現在の世界的な食料事情を鑑みる 続きを読む
天野編集長への質問を大募集!!

↑このページのトップヘ