秘書:二次会のスピーチで井森さんに『伝説のオーディションダンス』の披露をお願いしてましたが、あれは最初から振ろうと思っていたんですか?

天野:井森さんのダンスは披露宴で振ろうと思ってたの。でもちょっと出来なくて。あれ披露宴でやってたら大爆笑だったよ!やっぱ井森さんにやってもらうべきだったな、芸人だから(笑) もう渾身だったよ。後で『私、しゃべりたかったんだから!』って怒られちゃった。

秘書:井森さんも天野会なんですよね。

天野:まだ会員メンバーです(笑)

秘書:天野会のほかのメンバーからもすごい祝福されてましたね。

天野:まぁ、矢部太郎は呼んだ覚えがないんだけどね(笑)

秘書:矢部さん、すごいイジられてましたね(笑)

天野:まぁ、矢部太郎は呼んだ覚えがないんだけどね(笑)


秘書:ちょっと前後しますけど、結婚式で芸能界の人と芸能界じゃない天野さんのお友達とかをお呼びしたと思いますけど、何か苦労はされました?

天野:今回、親族が家からは6人くらいしか行ってないの。本当にうちの家族しか呼んでないから、昔の同級生とかそういうのは本当ごめんなさいしちゃったね。でも地元帰る時にたまには会ってるから。あとはほぼ会社関係になっちゃったね、やっぱりもう二十何年もやってると。知り合いが会社関係以外いなくなっちゃってるから。奥さんもアナウンサー時代にお世話になった人とかを呼んでたね。

秘書:披露宴でもアナウンサーの方とかタレントさんが多くいらっしゃって、皆さん流石スピーチのプロでしたね!

天野:スピーチ自体が余興だからね。いや、すごかったよ!




天野人語とは!?

《編集チーム》 
★企画・プロデュース 
渡辺龍太【編集長の秘書】 
池澤亮太【デスク】